がくぞうのアイデアブログ

思いついたアイデア、本からの学びや気づきを公開していきます。

【スポンサーリンク】

まんがでわかる「7つの習慣」の第5の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」を解説する

【スポンサーリンク】

今回の第5の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」では、 自分自身を相手に理解してもらうために必要なことを解説してきます。

まず相手を理解する姿勢をみせることにより、 相手に自分自身を理解してもらえるようになります。

f:id:romabybg:20170911234522j:plain

理解するとは、相手の話を真剣に聞くことです。 聞いているフリではなく、相手が何を言わんとしているのか、 どう思ったり、どう感じているかを口から発せられる言葉から 掴み取ろうとすることが重要となります。

基本的に人は、「自分のことを理解してもらいたい」という欲求を持っています。 その欲求が先行してしまい、相手の状況に関係なく伝えようとしてしまい、 うまく伝わらない状況がしばしば発生させてしまいます。

そして、そういう状況が起こると多くの人は、自分が伝えていることを 理解できない(理解しようとしない)相手が悪いと思ってしまいます。 一方的に聞かされた相手にしてみれば、聞く体制ができていないなかで 「一方的に言いたいことをいいやがって」など反発の感情を抱いてしまいます。

そういう状況になった場合、話した側も・聞いた側もお互いに相手が悪いという 感情になってしまい、平行線のままということが起こってしまいます。

それでは、そういう状況にならないためにどうするかを解説していきます。

実は、相手の話を聞くことは難しい?

f:id:romabybg:45010101000000j:plain

友人・知人・職場の人・家族などと会話する機会はたくさんあります。 「話を聞く」ことは、意識して行わないと正しくできていないことがあります。

どのように意識するかですが、 「共感による傾聴」というスキルが必要となります。

「共感による傾聴」とは、相手の目線で話を聞き、心の底から誠意を持って 相手を理解しようとすることです。 具体的に説明すると、相手が「何を言ったか」ではなく、 「どう感じたか」に耳を傾けようとすることです。

耳で聞こえる声や言葉ではなく、言葉を使って伝えようとしている相手の感情を 聞こうとすることが大切となります。

「共感による傾聴」が相手の話の聞き方として、最高レベル(レベル4)となります。 他のレベルは以下がありますが、自分がどのレベルか判断してみてください。

レベル0:無視する(相手の存在を認めていない)

レベル1:聞くふりをする(聞くふりをしながら、別のことを考えている)

レベル2:選択的に聞く(自分の興味がある部分だけ聞く。または自分の目線で解釈する)

レベル3:注意して聞く(相手を理解しようと努める)

レベル4:感情移入して聞く(相手の目線で聞き、相手の感情を聞こうとする)

いかがでしたか、常にレベル4で相手の話を聞けている人は、ほとんどいないとおもいます。 また、特定の人に対してはレベル4だけど、その他多くの人に対してはレベル2なんて人も いると思います。

会話にも、Win-Winの関係があります。一方的に話している人は、Win-Loseの関係です。

「共感による傾聴」を上達させる4つのステップとは

f:id:romabybg:20170911235227j:plain

以下は、「共感による傾聴」を上達させるために意識するステップです。 ステップ1から取組し、意識しないでもステップ4が行えるようにしていきましょう。 また、相手を理解したいという思いをしっかり持った上で、各ステップを実行する必要があります。

■ステップ1  話の中身(キーワード)を繰り返す。  これにより、相手の話し(言葉)を注意して聞くようになる。

■ステップ2  話の内容を自分の言葉に置き換えて言い直す。  これにより、相手の話し(言葉)を考えながら聞くようになる。

■ステップ3  相手の感情を自分の言葉で置き換える相槌を打つ。  これにより、相手の言葉より相手の感情に注意して聞くようになる。

■ステップ4  ステップ2、ステップ3を同時に行う。  これにより、相手は心を開き、信頼感が生まれる。

最後に

ほかの習慣もあわせて確認してください。

gakuzoo.hatenablog.com

gakuzoo.hatenablog.com

gakuzoo.hatenablog.com

gakuzoo.hatenablog.com

gakuzoo.hatenablog.com