がくぞうのアイデアブログ

思いついたアイデア、本からの学びや気づきを公開していきます。

【スポンサーリンク】

まんがでわかる「7つの習慣」の第3の習慣「最優先事項を優先する」を解説する

【スポンサーリンク】

第1の習慣「主体的である」では、自分自身の心の持ち方を どうするかを解説しました。

第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」では、 自分の人生の目的を見つけることを解説しました。

今回の第3の習慣「最優先事項を優先する」では、 日々の過ごし方の指針を解説します。

「時間を管理する」ことが成長を妨げる?

f:id:romabybg:20150508170824j:plain

多くの人が勘違いしています。 それは、「時間を管理する」が効率的に成功へ近づけると考え、 時間を細分化し予定を細かく設定し、その通りに進めようとすることです。

大事な作業を予定した時間がきたら終わりとし、重要なことを中途半端に終わらせてしまう。 自分が立てた計画を守ることを重視するあまり、本来の目的を見失ってしまいます。 本来の目的は成功することで、計画を守ることではありません。

また、予定を入れていないところは自由時間とし、 ダラダラと「緊急でも重要でもないこと」に時間を無駄に使ってしまいます。 時間は、誰にも平等に与えられています。 大切に時間を利用することが重要です。

つまり、重要視することは「時間を管理すること」ではなく、 「最優先事項を優先する」ことを意識することです。 また、計画は計画通りいかないことが多いということです。 計画時には気がつかなったことが起きたりするものです。

ある作業をこのくらいで終わると計画していても、 計画以上に時間を必要とすることです。 また、計画より早く終わることもあるでしょう、 そういうときに余った時間をダラダラと無駄に使うのではなく、 「最優先事項」に取り組むべきです。

また、突然の電話が入り、邪魔されることも考えられます。 計画を狂わせることができず、次の予定作業をする羽目になったりします。 または、計画を引き直し、再度仕切り直す方もいるでしょう。 でも、また突発事項により計画を狂わされて、また再計画・・・。 計画を立てることばかりに時間を割いているようになります。 本来の目的は計画を立てることではないはずです。

「緊急でないが重要なこと」が人生を成功させるのに重要か?

f:id:romabybg:20130201214552j:plain

緊急度と重要度の2つを使って、人の行動を4つに分類できます。

緊急度とは「すぐに対応をする必要があるか」、 重要度とは「人生の目的に影響するか」で表されます。

第1領域:緊急で重要なこと

  ・締切が近い仕事

  ・大事な人との急な約束

  ・病気の治療

  ・災害による対応

第2領域:緊急ではないが重要なこと

  ・人間関係作り

  ・仕事や勉強の準備

  ・健康維持

  ・自己啓発

第3領域:緊急だが重要ではないこと

  ・重要ではない電話、メール対応

  ・定期的な会議

  ・重要ではない来客対応

第4領域:緊急でも重要でもないこと

  ・次の予定までの空き時間

  ・テレビ鑑賞、インターネット閲覧

  ・娯楽

第1領域に日々の大半の時間を費やすと、 忙しく疲れもたまり第4領域に逃げ込みたくなります。 でも、人生の目的を達成するためには、第2領域に時間を増やす必要があります。

例えば、登山をイメージしてもらえるとわかりやすくなります。 人生の目的を山の頂上とすると、第1領域は現在いる位置の目の前のこと、 第2領域は山の頂上にどのようにいくかを考え、準備することです。

目の前のことに意識しすぎるあまり、山の頂上へのルートを間違えたり、 目指した山の頂上の位置を見失ったりします。

最短のルートで最短の期間で迷うことなく山の頂上へたどり着くため、 第2領域を意識する必要があります。

自分の役割を考えれば、「緊急でないが重要なこと」が見えてくる?

f:id:romabybg:20130824084754j:plain

人にはそれぞれ役割があります。 具体的には、以下のようなことがあります。

・ 己を成長させる役割

・ 夫としての役割

・ 親としての役割

・ 会社への役割

・ 地域活動への役割

・ 人生を楽しむことへの役割

上記のような役割を自ら定義し、自分の人生の目的と合わせて 目標を立てます。 目標は、それぞれの役割から2、3個決めます。

次に、立てた目標を達成するための具体的な行動をスケジュールに 入れていきます。

コツとしては、目標は積み上げ型より逆算型で設定したほうがよいです。

積み上げ型とは、1ヶ月後⇒3ヶ月後⇒6ヶ月後⇒1年後というふうに、 現在から将来に向かって目標を立てる方法です。

逆に逆算型は、1年後⇒6ヶ月後⇒3ヶ月後⇒1ヶ月後というふうに、 将来から現在に向かって目標を立てる方法です。

積み上げ型より逆算型のほうがよい理由は、 逆算型はゴールを決める必要があるからです。 積み上げ型はゴールを決めずに目標を立てることができるからです。 つまり、ゴールがわからないけど、とりあえずこっちの方向に進もうとするからです。 それでは、いつになったら、どこまでたどり着けるかわかりません。

登山の例でいうと、ゴールは既に決まっています。 ゴールは、もちろん頂上です。 ゴールを決めずに登山をする方はいないと思います。

散歩ならゴールは決めないかもしれませんが、そんな適当な行動では そのときどきの状況により、進む道を切り替えてしまうでしょう。

最短の距離でゴールに向かうためには、やはりゴールから逆算する必要があります。

予定をこなすことが目的ではない?

f:id:romabybg:20160314093431j:plain

役割を明確にし、目標をたて、スケジュールに落とし込みますが、 目標達成を時間で決めないでください。

例えば、子供に漢字を覚えさせたい場合、以下のどちらが良い結果を生むでしょうか?

Aの場合、50個の漢字を1時間ノートに書き続けさせる Bの場合、時間は決めないが50個の漢字を覚えさせる

予想がつくと思いますが、 Aの場合はおそらく子供はダラダラと1時間過ぎることをまっているだけでしょう。 Bの場合は自分自身で覚えたと思えるまで真剣に行うでしょう。 また、Bの場合は1時間でも終わらなかもしれないし、30分で終わるかもしれません。 でも、目標に達成しているのでかけた時間は関係ありません。

ゴールを時間できめてしまうことと明確なゴールを決めることでは、 成果に大きな違いが発生します。

したがって、目標の立て方は、時間ではなく成果できめてください。 時間で決めた場合、予定時間をこなすことが目的のようになってしまい、 本来の目標(人生の目的)を遠ざけていきます。

最後に

ほかの習慣もあわせて確認してください。

gakuzoo.hatenablog.com

gakuzoo.hatenablog.com

gakuzoo.hatenablog.com

gakuzoo.hatenablog.com

gakuzoo.hatenablog.com