がくぞうのアイデアブログ

思いついたアイデア、本からの学びや気づきを公開していきます。

【スポンサーリンク】

まんがでわかる「7つの習慣」の第1の習慣「主体的である」を解説する

【スポンサーリンク】

前回に引き続き、今回は「7つの習慣」のまんが版から 第1の習慣「主体的である」について解説していきます。

今回解説する「主体的である」は、7つの習慣の ベースとして必要な習慣です。 このベースの習慣なくして、残りの習慣は成り立たないと いっても過言ではありません。

この「主体的である」という言葉だけを見て、 なんとなく連想されるのは人生を成功させる習慣として 至極当然なような気がします。 でも、考えることと実際の行動に移すことは、 大きな隔たりがあります。

主体的でないとどうなるか?

自分自身が置かれている状況を誰かのせいにしてしまう。 日々、起きるいろいろなことを人のせいにしてしまう。 誰かのせい、人のせいにすることは簡単です。 人のせいにすることにより、人はなにも考えなくなります。

被害者意識を持ってしまい、自分自身ではどうしようもできなく、 自らその状況をなんとかしようとせず、流れにまかせて、 流されていくだけです。 当然、自分の期待する状況に都合よくなるわけがありません。

f:id:romabybg:20170611190440j:plain

では、どうするのか?

それは、起きていること全ては自分自身が起こしていると考え、 自らでその状況を良い方向に変えるように動き出すしかありません。 自らがその状況を起こしているなら、変えることも自らが起こす。 当然自ら行動を起こそうとするなら、自分でいろいろ考えるようになります。 愚痴をいっている暇があるなら、状況をよくする方法を考える方が 建設的ですし、精神衛生上そのほうがかなり良いことです。

どのように主体的を手に入れるのか?

いきなり全てのことに対して主体的に取組むことは難しいので、 小さなことから始めて、自分で変えれることを徐々に増やしていけば、 いずれ大きく変えれる力を手にいれることが可能となります。

ちいさな1歩を踏み出せる人になるしかありません。

他人を変えることができるのか?

自分自身を変えれるのは自分しかいません。 もちろん、他人を変えれるのはその人自身です。 でも、他人に影響することはできます。 人は出会いによって影響されることがあります。 悪い影響をうけることもあれば、良い影響をうけることもあります。 少なくとも自分は良い影響を与えれる人になりたいです。

f:id:romabybg:20150412124055j:plain

最後に

ほかの習慣もあわせて確認してください。

gakuzoo.hatenablog.com

gakuzoo.hatenablog.com

gakuzoo.hatenablog.com

gakuzoo.hatenablog.com

gakuzoo.hatenablog.com