がくぞうのアイデアブログ

思いついたアイデア、試したことを公開していきます。

成功へと導く考えを生み出すための「7つのリスト」

【スポンサーリンク】

「考える力をつける9つのステップ」から、
人生の成功を手に入れるために必要な「アイデア」を
生み出す道具「7つのリスト」をご紹介します。

組織で働く人で改革を行いたい人、
課題・問題を迅速に解決したい人、
戦略的に物事を考え推し進めたい人、
新しい商品やサービスをどんどん生み出したい人は、
ぜひ参考にして頂きたく思います。

1.組織にイノベーションの風を吹かせる人になるための「3つの意識」

f:id:romabybg:20170708162844j:plain

1.問題意識(WHY思考を習慣にして現状に素朴な疑問をもつ)
2.当事者意識(自分自身の課題としてとらえ改善策を模索する)
3.危機意識(現状を放置することで発生するリスクを察知する)

常日頃から全ての事柄に問題意識を持つ必要があります。
例えば、なにげなくやっているこの手順で本当に正しいのかという意識を
持つことにより、より良い手順に変えるチャンスを与えてくれます。
問題意識すら持っていないと、そのチャンスがあることすら気がつかず
過ぎ去っていきます。
そういう問題意識を持つだけで、持っていない人より1歩も2歩も
リードすることになります。

先ほどの問題意識を持てたとし、
「こうするべきだ・こう直したほうが良い」など
評論家のごとく言っているだけだと、ただの口うるさい人になり、
周りの人から煙たがられ、人が離れていきます。
そうならないためにも、問題意識を持ってどんどん発言し、
自ら率先して改革を実行する人になれば、周りの人はどんどん集まり
人望も手に入れることができかもしれません。
また、他人がやった失敗やミスを自分のこととして捉えることにより、
自分も同じ失敗やミスを起こさないチャンスをくれます。

最後の危機意識は、現状に甘んずることなく常にいろいろな危機が
やってくることや思わぬリスクが発生することを意識して、
十分な対策を打っておくことにより、実際にそうなった場合に
最小の被害で乗り越えることができます。

2.改善や革新するための具体的な「7つの問題意識」

f:id:romabybg:20170708163144j:plain

1.なぜそんなに「値段が高い」のか?
2.なぜそんなに「故障が多い」のか?
3.なぜそんなに「品質が悪い」のか?
4.なぜそんなに「苦情が多い」のか?
5.なぜそんなに「時間がかかる」のか?
6.なぜそんなに「手直しが多い」のか?
7.なぜそんなに「手続きが煩雑」なのか?

先程の「3つの意識」の1つである問題意識を
具体的にどういう視点で考えるのかを表しています。
あらゆることに、なぜなぜを持つことにより
さらに良い状態を作り出すことができます。

3.問題解決への「5つのステップ」

f:id:romabybg:20170708164504j:plain

1.問題発見(問題を洗いざらい列挙してみる)
2.分類と整理(問題をテーマ別に分類し整理する)
3.しぼり込み(テーマごとに重複、漏れの有無を確認する)
4.優先順位づけ(判定基準を設け優先順位を決める)
5.解決策の提案(優先度の高い順に具体的な解決策を講じる)

問題意識を持った瞬間からいろいろな問題・課題がでてきます。
そういう問題・課題を迅速に解決させるステップとなっています。
当事者意識を持た改革リーダーとしては、たくさんの問題・課題を
迅速に最小の労力で解決するように期待されます。

新人の頃に、仕事ができる先輩に言われた 今でも覚えている言葉があります。
「仕事ができるようになりたかったら、
 まず整理することだ。技術も大事だが
 整理できない奴は大した仕事はできない。」
その当時は、技術力が全て、技術力があれば大きな仕事もこなせ、 成功できるという考えでしたので、言われたときは大ショックでした。

4.物事を成功へと導く「3つの戦略思考」

f:id:romabybg:20170708163429j:plain

1.俯瞰思考(全体的な状況を広く見わたす)
2.水平思考(多くの選択肢を比較検討する)
3.垂直思考(選択した案を深く掘り下げる)

数多くの選択肢のなかからどれを選び、
どの程度の力や資源をそこに投入するか。
それを考えるのが戦略であり、「選択と集中」です。

俯瞰思考で、鳥のように高い空から
地上を見渡すように全体を見渡して検討する。
次に水平思考で、考えつけるだけの選択肢を出し切ります。
出し切ったあとでどの選択肢を選ぶかを検討します。
選ぶときに垂直思考で1つ1つの選択肢のメリット・デメリットを
出し、総合的によいと判断できる選択肢を最終的に選びます。

よく先輩に、
「対応方法は最低でも3つ以上だしてから、検討しろ」
「ありえないと思うような案も気にせず出せ、
 出したあとの検討のときに削除すればよいから・・・。
 とにかくあらゆる案を出せ。」
と言われていました。

案を出す作業と出した案を検討する作業を同時にしてはいけません。
なぜなら、人は同時にいろいろなことをすると効率が大きく下がるからです。

5.デカルトがすすめる「物事を考えるときの4つの態度」

f:id:romabybg:20170708163744j:plain

1.自分が明らかに正しいと認めたこと以外は「真」と認めないこと。
2.検討し吟味する問題は、できるだけ小さく分けて考えること。
3.思想は順序に従って形成すること。単純なものから段階をふんで、複雑な認識に至ること。
4.常に見落としがないよう全体を見て、詳細に記述すること。

※デカルト:哲学者。「われ思う、ゆえにわれあり」はデカルトの有名な言葉です。

先程の「戦略思考」で出した選択肢から選ぶときに
使える態度となっています。
1つ目の態度は、端的にいうと「人の噂を信じるな」です。
自分の目で見て、聞いたことを信じないと、又聞きの情報は
どこかでねじ曲がっていたり、聞いた人の受け取り方で変わってしまうからです。

6.クランボルツがすすめる「偶然をチャンスとして活かせる人の5つの条件」

f:id:romabybg:20170708163849j:plain

1.好奇心があること(より良いもの、おもしろいものを見つけようとする特性)
2.持続性があること(高いレベルに目標を設定して興味を継続させられる特性)
3.柔軟性があること(自分の固定観念を客観的に捉え直すことができる特性)
4.楽観性があること(物事の両面を理解してプラスに意識を保つことができる特性)
5.冒険心があること(変化を恐れず、むしろ変化にチャンスを見いだそうとする特性)

※クランボルツ:「計画的偶発性理論」を考えた教授。

2つ目の「持続性」の代表的な人は「イチロー選手」をイメージします。
4つ目の「楽観性」は、嫌なことが起きた時に、そこから何かを学び取ろうとする力です。
そのことにより、もっと大きな嫌なことを回避するチャンスをもらえたと考えます。
5つ目の「冒険心」を持って改革を起こそうとする人にとって、
変化を嫌う保守的な人が抵抗勢力となる可能性があります。
でも、革新的な人と保守的な人の両方がいる企業の方がよりよい選択をすると思います。
例えば、一人の人間のなかに、楽観的な部分と悲観的な部分の両方があるからこそ、
冷静に正しい判断を行えていると考えられます。
これがどちら片方だけだった場合、極端な方向に判断してしまいます。
楽観的なら物事を都合のいいように考えるだけ、悲観的ならマイナスのことばかり考え前に進めない。

7.オズボーンがすすめる「新しいアイデアを生み出す9つのチェック項目」

f:id:romabybg:20170708165525p:plain

新しい商品やサービスを生み出すために、
必要となるアイデア自体を生み出したいときに利用できる
「オズボーンのチェックリスト」をご紹介します。

※オズボーン:ブレーンストーミングの考案者

1.ほかに使い道はないか(転用)
2.ほかからアイデアを借りられないか(応用)
3.変えてみたらどうか(変更)
4.大きくしてみたらどうか(拡大)
5.小さくしてみたらどうか(縮小)
6.ほかのもので代用できないか(代用)
7.入れ替えてみたらどうか(置換)
8.逆にしてみたらどうか(逆転)
9.組み合わせてみたらどうか(結合)

新しい考えは、
「古くからある考え」の組み合わせだったり、
違う場所に置いた「古くからある考え」だったりします。
そういった発想を簡単に生み出すときに
「オズボーンのチェックリスト」を利用します。

明日からのアイデア量産活動に、
「オズボーンのチェックリスト」を活用してみては、いかがでしょうか。
また、部下や後輩に「オズボーンのチェックリスト」を紹介すれば、
勝手にアイデアを生み出してくれるやもしれません。