がくぞうのアイデアブログ

思いついたアイデア、試したことを公開していきます。

スマートフォンのブラウザは、「Opera Mini」で決まり

【スポンサーリンク】

スマートフォンに最初から入っているブラウザが使いにくくて、
良いブラウザがないか探していました。
スマートフォンのブラウザとして最適なソフトは、「Opera Mini」です。

android market」からダウンロードできます。

以下に、「Opera Mini」をお奨めする点をご紹介します。

1.ページ表示速度が早い

スマートフォンへウェブコンテンツをダウンロードする前に、
サーバ側(Opera's compression servers)で
Operaの圧縮技術を用いてコンテンツを最大90%圧縮します。

やはり、同じページを見るなら早い方がいい。

2.電池消耗が少ない

レンダリング処理はサーバ側で行うため、スマートフォンへの負荷が少ない。
つまり、ただでさえ電池の消耗が激しいスマートフォンにとって
負荷が少ないほうが電池を温存させることができます。

やはり、同じページ数を見ているのに、電池消耗が少ない方がいい。

3.見たいページを素早く切り替え

デスクトップ端末ではお馴染みのタブ切り替え機能があり、
複数のページを切り替えながらさくさく見れます。

やはり、効率よくページを見れるほうがいい。

4.直感的にお気に入りのページを素早く表示する

「Speed Dial」という機能がついており、
お気に入りページをページのサムネイル画像を登録できます。
直感的にお気に入りページを表示することができます。

やはり、直感的に素早くお気に入りページを見れた方がいい。

5.お気に入りのページの更新確認が簡単にできる

各ページのRSSフィードを検知し、簡単にRSSフィードを登録できます。
登録したRSSフィードを確認すれば、該当ページの更新状況を簡単に確認できます。

やはり、更新確認は簡単に素早くできた方がいい。

6.ページを読みやすくできる

Opera Mini」の設定を変更すれば、ページを読みやすくできます。
・画質を「低画質」に設定する
 ⇒無駄にキレイな画像を必要としないのなら、ページ表示速度を早くできます。

・「シングルカラムで表示」をONに設定する
 ⇒2カラム、3カラムのページを見ると、本文以外のカラムが横に
  表示されるため集中できない。
  また、画面を拡大表示しないと本文の文字が小さく読めない。

・「画面幅で改行」をONに設定する
 ⇒横に文字数が長いときなど、画面スクロールさせないと
  文字が読めない。
  そんなときに、画面幅で改行してくれたら、縦スクロールだけで
  文字を読むことができ、読むことに集中できる。

やはり、集中してページをさっさと読めた方が良い。

7.電波の届かない場所でも、ページを読める

地下鉄を通勤に利用していると、
駅のホーム以外ではページを表示することができない。
次の駅のホームまで待つ必要がある。

そんな時に、「保存済ページ」にページを登録しておけば、
電波の有無に関係なくページを読むことができます。

電波が届かない場所対策として、
ある程度ページを保存しておけば安心です。

やはり、電波に関係なくページを読めたほうがよい。

最後に

Opera Mini」の良い点を7つあげました。
少しでも現在利用しているブラウザに不満がある方は、
Opera Mini」のご利用をお奨めします。