がくぞうのアイデアブログ

思いついたアイデア、本からの学びや気づきを公開していきます。

【スポンサーリンク】

人に読んでもらえるブログ記事は、四則演算で書く

【スポンサーリンク】

他人に読んでもらえるブログ記事の書き方を考えてみました。

そのコツは、以下の3点が重要となります。

  1. 四則演算
  2. 読みたいと思わせるタイトルをつける
  3. 凡庸さを捨てる

「四則演算」とは

足す
 色々な人の考えや意見を自分の考えと足して深みのある内容にする。
 つまり、他人の意見をそのまま引用しただけの記事は、
 深みがないただの伝言でしかない。

引く
 人の意見の不要な部分は捨てる。
 つまり、不要なぜい肉を取り除き、重要な骨組みを取り出す。

掛ける
 一見すると全く関係のない事柄を掛け合わせる。
 つまり、よくあるものの掛け合わせでは、当然つまらない内容となる。

割る
 ある人と別の人の考えや意見に似たような箇所を見つける。(抽象化)
 つまり、複数の方が同じように感じていることは、高い確率で
 的を得ている可能性が高い。

読みたいと思わせるタイトルをつける

タイトルからでは、書いてある内容を察知できないような、
ミステリアスなタイトルづけをする。
つまり、「えっどういうこと?」と思わせれば、読む方は内容が気になりだす。

凡庸さを捨てる

「凡庸」とは、「とりとめのない様子」という意味です。
つまり、当たり障りのない平凡な考えや教科書通りの意見は、読む気がしない。